沿革 History

1947年(昭和22年) 創立者 月岡朝太郎が現在の『プロスポーツ』の前身『自転車』を創刊
1949年(昭和24年) 東日本発祥・大宮競輪の開始と同時に予想紙『競輪新聞 赤競』を発行
1950年(昭和25年) 6月『日刊プロスポーツ新聞社』を設立
1952年(昭和27年) 『自転車』を『日刊プロスポーツ』と改題
1960年(昭和35年) 『日刊プロスポーツ』を『プロスポーツ』と改題
1969年(昭和44年) 現社屋が完成し、輪転機を設置
1977年(昭和52年) 社屋を増築し、新型オフセット輪転機を設置
1978年(昭和53年) 月岡朝太郎が会長に、月岡洋児が社長にそれぞれ就任
『プロスポーツ新人杯』を創設
1981年(昭和56年) 月岡朝太郎会長に勲四等瑞宝章が授与される
1983年(昭和57年) 優秀新人を対象とする『プロスポーツ若鷲賞』が始まる
1984年(昭和59年) 創立者 月岡朝太郎永眠
1990年(平成2年) 本社杯『ルーキーチャンピオンレース 若鷲賞』が始まる
1992年(平成4年) コンピューターシステムを本稼働
1998年(平成10年) 『FAX-NET 赤競』の発売開始
1999年(平成11年) WEBサイト『KEIRIN EXPRESS』を開設
2003年(平成15年) 枚葉機、CTP導入による新システムを構築
『競輪新聞 赤競』を大幅改訂
2004年(平成16年) 『赤競.NET』の発売開始
2005年(平成17年) 『赤競Cnet』の発売開始
2007年(平成19年) 創業60周年を迎える
2015年(平成27年) 月岡洋児が取締役会長に、
竹内広が代表取締役社長に、
月岡洋人が代表取締役専務にそれぞれ就任