企業理念 Corporate Philosophy

社長メッセージ

弊社は昭和22年に『自転車』という新聞発行を機に産声をあげました。『自転車』は昭和35年に『プロスポーツ』と改題し現在に至ります。
また、昭和23年北九州市小倉で競輪が誕生、翌24年埼玉県大宮市で大宮競輪が東日本で初めて開催されました。その際に発行を開始したのが予想紙『競輪新聞』(通称:赤競)です。
以来、2紙を中心に社は発展を遂げてまいりました。これもひとえにお客様の暖かいご支援の賜物です。
温故知新とともに、今後も競輪界のパイオニアとして“時代に合わせたチャレンジ”をしていきます。

事業ビジョン

創業以来、競輪の情報を紙媒体でご提供してきました。
しかし、社会情勢や新聞業界の環境は激しく変化を遂げています。
このことを念頭にデジタル部門にも力を注いでいきます。
日刊プロスポーツ新聞社ならではの情報を新聞やインターネットを通じて、様々な形でお客様に提供していきます。